読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroaki-htn's blog (ブログ名称思案中)

ゲーム、ガジェット、どうでもいい話

劇場版アイカツ!の最速上映に行ってきました

f:id:hiroaki_htn:20141212234834j:plain

f:id:hiroaki_htn:20141213105832j:plain

昨日の夜というべきか、今日の未明というべきか、とにかく『劇場版 アイカツ!』の最速上映が13日午前0時からあったので見てきました。
この映画の上映って、13日からなんですよ。だから13日の午前0時に公開しても、ルールをキッチリ遵守しているのでお咎め無し。いつからやり始めたのか知りませんが、最近の映画館は面白いことやってるなと思ったわけですよ。
但し、グッズ販売は午前8時からと言われたので、買えませんでした……パンフレットは買えたけども。


ちなみに最速上映を謳っているからなのか、映画の開始前には「No More 映画泥棒」の啓発動画が流れたのみで、他の映画の宣伝が一切流れず、すぐに本編が始まりました。


この最速上映、最速で見られるってのもですが、深夜公開ってのもけっこう有難い。なにせ、メイン客層の女児が一切いないんだから、安心して見られます。今年の春に見に行ったプリリズの映画なんか、人が少ない朝一の上映に行ったのに、それでも子供はいましたからね。。。
まぁそんなわけで、客層はほぼ成人男性。なので、はっちゃけても大丈夫!ってことからか、アイカツのTシャツを着ている人やアイカツのコスプレをしている人がチラホラと。


映画の内容ですが、事前に1、2期の最終回として作られているということをどこかで耳にしたとおり、見終えた感想は良くも悪くも「いい最終回だった」という感じでしたね。アニメ版の2期最終回が割とあっさり気味だったこともあって。
名実ともに、ついに美月さんを超えられたいちごちゃんと、次の世代へ繋ぐあかりちゃんの頑張りが丁寧に描かれいました。

 

今回のメインはいちごちゃんと初めとするスターライト学園の面々ということもあってか、2期のキャラ(ドリアカの4人+みくる)の扱いが割とぞんざいだったのが気になるところ。話に絡ませにくかったってのもあるけどさ。

 


以下、ネタバレを含む感想

 

・かえでのCGを1年ぶりくらいに見た気がする。さくらとおとめもかなり久しぶりだよなぁ。
・ソレイユは3人で1つの楽屋。さくらとおとめは2人で1つの楽屋。ユリカ、かえでは個室の楽屋。スターライト学園内の力関係が気になる。
・スター宮という言葉にやっぱり反応するジョニー先生。そしてジョニーが言い出した言葉ということを忘れていたいちごのシーンが面白い
・ソレイユ3人は3DCGだけど、背景と観客はすべて2Dというチャレンジめいた演出がありました。あまり違和感がない辺りが、アニメっぽく見せる3DCGの技術が上がっているというか。
・実は計算が得意なユリカ様
・映画公開は前述のとおり12月13日ですが、作中の大スター宮いちご祭りも12月13日です。
・ステージ曲が「アイドル活動!」→「ダイヤモンドハッピー」→「ハッピィクレシェンド」→「フレンド」の順なのは、これまでのいちごの軌跡を現しているからか?
・美月さんとあかりちゃんって、これまでに面識あったっけ?互いに存在は知ってるだろうけど……。
・CGはないけど、見せ場としてドラマステージを用意して貰えたしおん
・スプラッシュとヒカリを出すならミチル様も出してよ
・出番のないノエルちゃん、ラストにチョロっとしか登場しないティアラ学園長。2期キャラの扱いが……。
・やたら幼く描かれてたらいち
・学生証カードの裏には顔写真が貼ってある。ちゃんと描かれたのはたぶんのこの映画が初。
PCエンジン風ドット絵のエンディング
劇場版第2弾決定