読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroaki-htn's blog (ブログ名称思案中)

ゲーム、ガジェット、どうでもいい話

一山いくらのアイカツカード

f:id:hiroaki_htn:20160506214513j:plain

かつて『超速変形ジャイロゼッター』がそうであったように、『アイカツ!』でも売れ残ったシングルカードを大量にまとめて売られているのを発見しました。稼働終了したTCAGの宿命でしょうか……。

hiroaki-htn.hatenablog.com

 

まあジャイロゼッターのときと買った店が違うので、「ノーマル一切なし」という豪快な文言は書かれておらず、初めはまあ10枚くらいPRが入ってるのかなと思って買ったんですよ。1パック税込1004円で、だいたい100枚くらい入っています。

 

とりあえず1パック買い、中身を見ながら帰っていると、これがもうビックリ。だいたいプロモカードが4割、プレミアムレアが3割、キャンペーンカードが2割、レアカードが1割という封入でした。そのため、急遽引き返し、さらに残ったパックも買うことに。

 

本当にこのパックはビックリしました。例えば全盛期ではバカみたいな値段で売られていた(ピーク時で1枚5000円とか)天の川コーデやゴスマジコーデが大量に入っているというハチャメチャっぷり。当時、結構ボロかった「ゴスマジックミニハット」を3000円で買った身として結構複雑な気分です。

f:id:hiroaki_htn:20160506215640j:plain

f:id:hiroaki_htn:20160506215707j:plain

 

上の2コーデもそうですが、全体的に深刻なトップス不足というか、ボトムスとシューズばっかり異常に入っていて、なかなか1セットのコーデとして揃ってくれませんでした。

f:id:hiroaki_htn:20160506220158j:plain

 

ボトムスやシューズばっかり売りに来る客が多かったんでしょうか。それともトップスばっかり買う客が多かったのか、はたまた両方か。

……まあ、まずコーデを揃えようとする場合、上から揃えたくなりますから、まずはトップスを買い、そのまま次を買おうとしなかったという説を自分は推します。

 

以下、このパックに入っていた興味深いプロモーションカードの紹介です。

 

ほっともっと限定のコーデ。京都市内にはほっともっとはあんまりありませんから、結局1枚も貰わず終いだったんですよね。

エプロンをベースにしたドレスなので、裸エプロンに見えると、一部で話題だったような。

f:id:hiroaki_htn:20160506222240j:plain

 

雑誌『小学一年生』版アイカツのキャラが描かれたカード。トップスはなかった。蘭に刃っぽさがなくて、えらく可愛らしい。

f:id:hiroaki_htn:20160506222457j:plain

 

雑誌『ぷっちぐみ』版アイカツのキャラが描かれたカード。単行本になっているぷっちぐみのアイカツとはまた別の作者か?

ちなみに上記の小学一年生版とは異なり、表面はゲームのCGキャラです。

f:id:hiroaki_htn:20160506222654j:plain

 

「ブラックシフォンカチューシャ」。カード名が改行されていたりいなかったり。

f:id:hiroaki_htn:20160506222956j:plain

 

正月期間に配布された劇場版アイカツ限定カード。

公開から1ヶ月経っていた上に、『劇場版妖怪ウォッチ』が猛威を振るっていた時期だから、どのくらいの数が出回っているんだろ……。

f:id:hiroaki_htn:20160506223143j:plain

 

星宮いちご入学セット」の「ジュエルつきピンクリボン」は大量に入っていたのに、スクールドレスはトップスが1枚のみ。みんなスクールドレス目当てでアクセサリはどうでもよかったのか。

f:id:hiroaki_htn:20160506223452j:plain