読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroaki-htn's blog (ブログ名称思案中)

ゲーム、ガジェット、どうでもいい話

週刊碁にプリパラ

週刊碁』の今週号(2月2日号)にてプリパラが紹介されるそうで。


プリパラ - 週刊碁ブログ

 

何というか……囲碁がテーマのアニメではなく、一キャラが囲碁をやっているだけだってのに、編集部の人はどこからそんな情報を入手したのか、割と気になるところ。もちろん囲碁キャラの東堂シオンの紹介になっているんだろうけども、一体どんな内容が掲載されるんだ?と思って、買いに行ったんですよ。

週刊碁って、「週刊」と頭についていますが、体裁してはタブロイド紙と同じです。なので、コンビニに行けばあるだろと思っていると、ない。2~3件回ったんだけどな……。

近所のコンビニは昔に将棋の新聞が置いてあるのも見かけたこともあるんですが、それもなく、全国紙・夕刊紙・スポーツ紙・競馬紙・AKB新聞とスターウォーズ新聞しか置いてなかったんですよ。

 

仕方ないかと諦めていると、どうやら電子版があるらしく、手元のiPadにアプリをダウンロードし、早速購入しました。Android版もありますが、なんか評判が悪そうなので、iOS版の方で。

ちなみに電子版は紙で買うより安いので、ヘタに探し回るくらいなら最初から電子版を買った方がいいと思います。

 

プリパラの記事は11面。

内容はアニメの簡単な紹介と、「プリパラ囲碁パンダでございます」の回の棋譜の紹介。あと“週刊碁囲碁ガール”と銘打って東堂シオンの紹介。なんか読んでるとニヤニヤしてくるな……。

読者プレゼントとして東堂シオンのマスコットも入っている「プリパラマスコットコレクション2」があったんですが、これの見出しが「お孫さんにどうですか?」となっている辺り、この雑誌の読者層はイメージ通りだなと思ったところ。

ただ、そんな高齢層が読むような雑誌に、プリパラの紹介記事という物凄くミスマッチなイメージがあるんですが、ミスマッチだからこそ普段まず見ることのない視点や文体での紹介記事になっているわけで、なかなか面白かったわけですよ。

 

しかしまぁこうして囲碁の雑誌に取り上げれたってことは、そのうち『東堂シオンと学ぶ 囲碁入門』とかいう本が出たりするんでしょうかねぇ。