読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroaki-htn's blog (ブログ名称思案中)

ゲーム、ガジェット、どうでもいい話

三条大橋→大津を歩く

三条大橋東海道五十三次のゴールで、その一つ前が大津です。この距離を実際に歩くとどれくらい掛かるんだろ、と前々から興味を持っており、ちょうど今日は天気も良く、程良く涼しかったので、実際に歩いてきました。

 

スタート地点の三条大橋

f:id:hiroaki_htn:20151012183104j:plain

f:id:hiroaki_htn:20151012183039j:plain

 

歩行距離を測るアプリをちゃんと設定。ロード中のため、地図はまだ表示されず。

f:id:hiroaki_htn:20151012183540j:plain

三条大橋~山科は楽でした。そもそもたまに散歩で歩く道であり、車でもよく通るのでそこそこ土地勘はあります。何より三条通を真っ直ぐあるけば、迷う心配もないし、歩きやすいです。

だいたい三条大橋~山科で1時間10分くらいです。

f:id:hiroaki_htn:20151012183632j:plain

f:id:hiroaki_htn:20151012183824j:plain

 

で、ここからが未踏の地でなかなか心配です。一応車では通ったことがあるものの、その道は人が歩けるようになっていたのかどうか……。というか、滋賀に行くときって京滋バイパスを通るので、歩いていける道とは絶対に違うはず。ちゃんとたどり着けるのやら……。

何事もないと思いますが、一応、念のためにコンビニによって飲み物と食べ物を買っておき、出発しました。

f:id:hiroaki_htn:20151012184426j:plain

 

大津までは京阪電車京津線が通っています。なので、山下清のように線路(の側)を歩いていくようにしました。

f:id:hiroaki_htn:20151012184841j:plain

 

……が、線路の側の道はずっと続いているわけではなく、途中で途切れていました。やむなく道を変え、少し行くと今度は道路を挟んで反対側に線路が通っていました。

f:id:hiroaki_htn:20151012185129j:plain

f:id:hiroaki_htn:20151012185151j:plain

 

しばらく歩いていると蝉丸神社なる神社がありました。

f:id:hiroaki_htn:20151012185728j:plain

 

何か聞き覚えある名前だなと思っていると、蝉丸は百人一首の「これやこの 行くも帰るも 分かれては 知るも知らぬも 逢坂の関」の句の人。そしてこの句に出てくる「逢坂」とは、今いるこの京都と滋賀の間のことだと初めて知りました。

逢坂って「おおさか」って読むから、大阪のことだと思ってた……。

f:id:hiroaki_htn:20151012185753j:plain

 

逢坂の関の跡地

f:id:hiroaki_htn:20151012190412j:plain

 

そこからしばらく歩くと、平和堂が見えてきて、ようやくJR大津駅です。

f:id:hiroaki_htn:20151012190741j:plain

 

見えて来てから実際に辿り着くまで結構時間が掛りました。

あと、このルートで行くと大津駅の反対側(平和堂がない方)に着くので、どうやって反対側に行ったらいいのか迷いましたよ。普通に駅の中から通り抜けできるものだと思っていましたが、それは罠。実際はそんな構造にはなっていません。正解は駅の隅の方の坂を下り、線路の下を抜けることです。初見じゃ無理。

ま、とにかくようやく大津駅に付きました。

f:id:hiroaki_htn:20151012191214j:plain

 

三条大橋からの所要時間はおよそ2時間半ほど。

f:id:hiroaki_htn:20151012191356j:plain

 

2時間半も歩きっぱなしってのはさすがに疲れました……。明日が色々心配です。

昔の人はこれを53日間続けていたんだから、昔の人はやっぱりタフだなとは思うところ。

せっかく滋賀に来たんだからと浜大津の方までさらに歩き、琵琶湖を見て帰りました。ちなみにJR大津→浜大津は微妙に遠いですが、ここまで歩いてきたので気にせずに向かいましたよ。

f:id:hiroaki_htn:20151012191808j:plain

f:id:hiroaki_htn:20151012191735j:plain