読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroaki-htn's blog (ブログ名称思案中)

ゲーム、ガジェット、どうでもいい話

劇場版プリパラは事実上の劇場版プリリズ第2弾だと思う

f:id:hiroaki_htn:20150307192114j:plain

『劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』の映画を見に行ってきました。

劇場版アイカツと違って、最速上映会もなくレイトショーもなかったので、とりあえず一番遅い夜の7時半からので。この時間帯だとまだ子供もいるので、大友と子供が入り混じるなかなか混沌とした状況に。まぁ時間も時間なので、大人の方が多かったと思います。

 

以下、ネタバレ。

見た感想としては、日記のタイトルの通りです。どう考えても『プリパラ』より『プリティーリズム』の方がメインです。
プリパラが占める時間の方が長いけども、ただの前座みたいな扱いに感じましたんですよね。
構成としては「プリパラ総集編→プリリズ総集編→新規ライブ」って流れだったんですよ。そしてプリパラパートが総集編だったなんて聞いてないよ……ということと、その部分がどうにも面白くなかったこと。

 

基本的にはプリパラもプリリズも既存のCGダンスムービーを編集を交えて流しているんですが、プリリズの方はキャラが曲の解説をしたり、プリパラメンバーもプリリズの曲を一緒に歌ったりと、本編とは違った番外編ならでは面白さを提供しているんですが、プリパラの方はそういったものはなく単にCGダンスムービーを流しているだけでしたからねぇ。せめて幕間のやりとりで、曲の解説くらいあっても。

 

あと、プリパラパートは映画内でペンライトの色を指定したり、客席の反応を伺おうとしたりと、熱唱上映会(アイドル応援上映会)を意識した構成になっているのも少し気になるところ。子供なら反応するかな?と思っていましたが、誰も一言も発しなかったのは寂しかった……。それが正しい映画館の見方なんでしょうけどもね。ペンライトセットは3000円もしていましたが、買った人はいたんでしょうか。

 

打って変わって、プリリズパートはやたらメタなネタが多くて、こちらは非常に面白かった。
個人的には笑ったのが、歴代めが姉4人が登場し、らぁらが「めが姉が4人も。でも微妙に違う……」と言ってるシーン(めが姉は同じように見えてデザインは毎回変わっている)と、プリズムショーの世界が崩壊してプリズムショーができなくなるという自虐ネタ(プリリズキャラが一切動じていない上に、「そういうシステムですから」と言い切るめが姉も)。

 

先述の通り、プリリズパートはプリパラキャラが曲やダンスに感想を言ったり、プリリズのキャラが曲解説をしたりするので、使い回しだと分かっていても、他のルートも見たいと思わせる演出がズルい。今回見たルート1だと、なるちゃんの掛け声に合わせて、みんなで「ハートイロトリドリーム」を歌っているシーンが良かった。
プリズムボーイズのルートだと、一体どんな反応をするのか物凄く気になるので、ルート4だけはたぶん見に行くと思います。

 

ラストで、プリパラキャラがプリズムショーをして(但し曲はプリパラ)、プリリズキャラとプリパラキャラ全員でライブをするのは劇場版らしいお祭り感があって胸熱。


プリパラパートがあまり面白くなかったこともあり、ほぼメインとなっているプリリズを知らないとどうにも面白くない映画だったと思うんですが、プリパラしか知らない人が見たらどんな感想になるのか割と気になるところです。


以下、細々とした感想

・目的地に「マスコットの地獄」と「マスコットの墓場」があったけど、場所としては違うのかその辺はどうなっているか不明。
・マスコットの地獄にペンギン先生がいるのかわかるけど、なんでペアチアまで……
・そのペンギン先生がマスコットの地獄にいるから、山田さんは単独での登場。
・冒頭でみあがプリティーリズムの映画じゃないことに不満タラタラだったけど、「映画は去年やったでしょ」くらいのツッコミが欲しかったな。
・去年プリリズの映画を見たとき、客席のジュネの髪が邪魔そうだな~と思っていたら、今回はジュネに加えてグロリア校長までいて笑った。ドンボンビーまでいるし…。
・ペンライトの色をやたら指定してきたけど、販売しているペンライトセットは何本も入っているのか?
・ファルルの存在をシステムエラーと言っていたけど、そうなのか。まぁそうなんでだろうけど。
・そういえばユニコンは出ていなかったな……。
・宇宙へ飛び出たファルルがりんねと出会う。なんでETのパロディなんだ。
・プリパラのハロウィン回のCGダンスムービーの素材は、プリリズのハロウィン回のCGダンスムービーからの使い回しだったことに今更気付く。
・北条コスモのメイキングドラマはアニメとは少し違って、プリズムジャンプの演出が入っている
・らぁらたちの存在を知らないコスモ。プリリズの世界のコスモと、プリパラの世界のコスモは別人だったのか?時系列が違うだけなのか?
・ちなみにコスモはハートイロトリドリームのときの観客にもいます
・ルート4は何であんな邪悪そうに表現されていたのか。みれぃはあそこに行くのは0.001%(うろ覚え)くらいの可能性しかないって言ってただけに、ルート4へ行く回のやりとりが気になる。
・セインツが映画に出ると言われていたものの、プリリズ主人公sがセインツだと断言しているシーンはなし。らぁら曰く「どこかで見たような…」とのこと。
・エンディングクレジットのせいで、ルート2~4の曲目が豪快にネタバレ。まぁパンフレットにも載ってたけどさ。
・曲目を確認するとアニメ内では一度も使われていない「flavor」があったけど、ムービーはどうするんだろ。「pride」もヒロさん単独バージョンじゃなくて、コウジとのユニットバージョンだし。
・曲目を見る限り、プリズムボーイズからハブられているLOVE∞MIX。去年の映画ではちゃんと紹介されていたのに。
・ラストであろまとみかんがちょっと登場。キャラが異様に濃い。