読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroaki-htn's blog (ブログ名称思案中)

ゲーム、ガジェット、どうでもいい話

ツーカー

 2000年に親会社のDDIがIDOKDDと合併しKDDI[4]となり、2001年に「第3世代携帯電話(3G)」への移行を行わない方針を決定。当時の総務省は3Gの参入事業者は全国で3社のみに制限することとしており、KDDIは3Gを全国でサービス展開しているau携帯電話に一本化することとしたためである。また、将来的に新規参入が出来ることとなっても投資所要額が巨額となることもあって、当面は準備もしないこととした。

ツーカー - Wikipedia

なんとなくウィキペディアでケータイ会社だった「ツーカー」のページを見ていると、上記の記述があって、驚きました。ツーカーは2008年に消滅しましたが、2001年の段階でほぼ消滅が決まっていたんですね……。

自分の人生初のケータイはツーカーで、2002〜2005年まで使っていましたから、それなりには思い入れはあります。当時は高校生でしたが、ツーカーユーザーなんて、クラスに2、3人くらいしかいなかったから余計に。

しかしまぁ自分が契約した段階で、滅ぶ運命が既定路線だったとは。まあ確かにそのうちauに吸収されるだろとは、高校生ながら薄々感じていましたけども。

 

ツーカーって、当時としては値段が抜群に安くて、ケータイ代は小遣いや貯金からやり繰りしていた自分としては有り難かったです。ツーカーV3というプランがあり、月々の基本使用料が1700円(税別)。これに通話料やメール代、ウェブ代を合わせて、だいたい月3000円くらいで賄っていました。

但し、ランニングコストが安い代わりに端末がショボかった……。アプリをダウンロードする機能なんてないし、当時流行りのムービー機能もなし(松本人志によるムービー機能がないことを開き直ったCMもありましたっけ)。そして、カメラが付いているのに、512KB(メガではない)しか保存容量がなかったから、写真がほとんど保存できませんでしたよ。

 

ただ、そんなショボい端末のくせに、妙な機能を付けることには熱心で、骨伝導のケータイや、液晶部分を擬似的な鏡にするケータイ、64和音を自慢したfunstyleなんかありましたっけ。前2者については、今のスマホにあってもいい機能だと思うんですけどね。

あと、ウェブサービスとメールはauと兼用でezweb(このおかげでツーカーauは関連会社、ということを察していました)、そして今で言うところのSMSはJ-Phone(当時)と兼用のスカイメッセージを使うという、電話会社を跨ぐ妙な仕様でしたね。これも当時は謎でしたが、上記のウィキペディアを読むことで理解できました。

 

ツーカーは一言で言えば「ショボいけど安かった」。これに尽きると思います。

安いのは有り難かったけど、日進月歩で進化してゆくケータイ端末において、完全に取り残されている感があり、周りがハイテクになっていく中、着うたもアプリも使えないケータイを使い続けるのは高校生としてなかなか辛いものがあったと思います。

前述しましたが、ツーカーユーザーって殆どいませんでしたからねぇ……。

 

手元にあるツーカー端末

TK12

f:id:hiroaki_htn:20150916230236j:plain

f:id:hiroaki_htn:20150916230307j:plain

自分の初ケータイ。安さで選びました。確か1800円か、3800円のはず。

通知ランプが表の上下に付いていて、着信やメールが来ると交互に点滅しました。

久しぶりに手に取ってみると画面の小ささにビックリします。あと、当時としては薄い端末のはずですが、今使っているグラティーナと比べると1.5倍くらい分厚いような……。

 

グラティーナとの比較

f:id:hiroaki_htn:20150916230425j:plain

f:id:hiroaki_htn:20150916230455j:plain

 

TK21

f:id:hiroaki_htn:20150916230529j:plain

f:id:hiroaki_htn:20150916230551j:plain

64和音のfunstyleを自慢していた機種。音質の良さをアピールするためか、ステレオスピーカーが採用されています。

始めの方は64和音を自慢していたものの、他社から「着うた」のサービスが始まり、友人からは「声が入っている着うたの方がいいわ」とあっさり一蹴されてしまった悲しき端末。

この端末にはカメラがありますが、保存容量の少なさには泣かされました。ちなみにfunstyleとは保存領域が違うのか、本体の容量がカツカツでもダウンロードできました。

 

グラティーナとの比較

f:id:hiroaki_htn:20150916230612j:plain

f:id:hiroaki_htn:20150916230640j:plain

 

ツーカーのCM


【CM】TU KA ツーカーV3 中川家(2002年) - YouTube

 


【CM】TU KA ツーカーV3スーパー (2001年) - YouTube

 


【CM】TU KA TS41 骨伝導スピーカー搭載(2003年) - YouTube