読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroaki-htn's blog (ブログ名称思案中)

ゲーム、ガジェット、どうでもいい話

飯田橋のふたばちゃん

 

飯田橋のふたばちゃん(2) (アクションコミックス)

飯田橋のふたばちゃん(2) (アクションコミックス)

 

いつの間にか2巻が出てたので、買いました。

1巻が面白かったので続刊を楽しみにしていたんですが、どうやら今年の4月に既に発売済だったようで。全く気が付かなかった。

 

出版社の擬人化漫画なんですが、相変わらずネタが黒いというか、出版業界のネガティブ方面の事件をネタにしてることが多いので、あまりにも生臭いネタが多すぎて読んでて心配になってくるレベル。秋田書店のあの件とか、コアマガジンの例の件とか。ボカした言い方になっているけど、ちょっと作中でいじりすぎじゃあ……。1巻でもネタにされていた竹書房の件は、作中でデマだとハッキリ書かれていますが、そうだったんでしょうか。

 

それにしてもこの漫画、元ネタを知っていると非常に笑えるんですが、元ネタがわからないとピクリとも笑えない、ある意味物凄く尖がった漫画だと思うんですよね。自分も全体の2割くらいは元ネタがわかりませんでしたよ。
ただ、そういう分からないネタ元はググればだいたい出てくるので、意味が分かってニヤっとすることも。

 

あと3巻は果たして出てくれるんでしょうかね。あとがきに「何が起こるかわからないので「3巻もお楽しみに!」とハッキリ言えないのが残念ですが~」と書かれているのが、何か物凄く気になるところなんですが……。